フレキュレルに入っているトラネキサム酸って?

フレキュレルに入っているトラネキサム酸って?

トラネキサム酸って?
トラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗炎症・抗アレルギー効き目や止血効き目を保ち、もともとは吹き出物・じんましんの施術や出血を断ち切る要因などで長く見立ての場内で用いられていらっしゃる。

 

変色手当て、メイク水などにも
フレキュレルに入っているトラネキサム酸って?
1979層に肝斑の修正効き目が報告されたため、肝斑の施術としても使用されるようになりました。現在は、原材料調合ボリュームに差はありますが、肝斑修正を目的にした薬をはじめ、変色、そばかす施術のための内服薬、美貌白効き目を謳ったメイク水なども登場していらっしゃる。

 

変色に効く仕組み
紫外線を浴びるという、変色の素ですメラニンを生み出す細胞「メラノサイト」の周りにある肌細胞から、メラニンを作らせる知識が伝達されます。

 

トラネキサム酸は、その知識の中にある変色発生物「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの創出を抑えて変色、そばかすを防ぎます。

 

肝斑にも有効

 

肝斑が発症する要素として、メラノサイトの活性化が挙げられます。その原因のひとつであり、肝斑の発症に影響があると考えられるのが、タンパク質分離酵素「収益ミン」だ。

 

トラネキサム酸は抗収益ミン衝撃を保ち、メラニンができあがる前でメラノサイトの活性化をブロックし、肝斑の発症を統べると考えられています。つまり、変色ができる初期の場面から変色ができあがるのを防ぐのです。

 

しかし、肝斑の発症には婦人ホルモンが少なからず影響していると考えられていますが、トラネキサム酸は婦人ホルモンの狂いを修正する作用があるわけではありません。
フレキュレルに入っているトラネキサム酸って?
覚えておきたいスポット
変色、肝斑に至って有効なトラネキサム酸。使用してはいけないやつ、反応や弊害はあるのでしょうか。

 

反応は数少ないが、止血衝撃にアラート

 

さほど反応の少ない原材料ですが、食欲不振、ミルクやけ、嘔吐、眠気、プツプツなどがあります。

 

その場合はすみやかにドクターに話ください。妊娠・授乳中央の方も同様に、ドクターと薬剤師にその旨を伝えて下さい。

 

トラネキサム酸と肝斑の結び付きは『肝斑(かんぱん)施術に選べる薬の種類』も併せてご覧ください。